FC2ブログ

週刊ブログBIZ 学習する塗装工場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【定義】

(前回からのつづき)
それでは、「職人」と「技術者」のちがいは何だろう。

知恵をしぼって定義してみよう。

【定義】
用語の意味を決定すること。
新概念を提示する場合に、他の概念とは区別して、概念の内容を限定すること。
また、決定された用語の意味。

では、はじめてみよう。
「職人」は、経験を元手に、優れた技術をいつでも「再現」できるひと。
「再現」できなければ、「職人」とは呼べない。

「技術者」は、
優れた技術がなぜ再現できるのか、一方で、できない理由を含め、その「根拠」を探求するひと。

「根拠」こそ、技術者の拠り所であるはずだ。

根拠といえば、「職人」のそれは「経験」。
「技術者」の根拠は、蓄積された知識と、さまざまな文献と、そして試験。

とすると、両者のちがいは、「なにを根拠にしているか」のちがいなのか。

もちろん、優劣の話ではない。
もう少し考えたいので、このテーマ、つづきます。


-- オガワ産業株式会社----------

すべては「塗装」のために
だからこそ「塗装環境」のために
いま、わたしたちにできること
  ↓  ↓  ↓
オガワ産業公式サイト

--------------------------------------
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。